福岡では小説を良く読んでいる

杉町憲一は、最近日本の小説を良く読んでいるらしくて、名作に出会った時には感動して泣いてしまうみたいです。

確かに良い小説に出会えた時って、感動します。涙が出てくることはありませんが、そこは杉町憲一だからこそ泣いてしまうってものなのでしょうね。

先日読んだ小説の話をしていた時も、感動して涙目になっていました。杉町憲一は感受性が豊かなんですね。あの歳で正直にそういうことができるのってすごいことだと思います。

日本人ってどうしても涙は恥って思っている人が多いけれど、杉町憲一だとむしろ感動できることが凄いって思えます。

小説を読んでいる杉町憲一

杉町憲一が小説を読む時は、部屋を暗くして枕元のライトだけで読むらしいです。確かにその方が集中して読めるかもしれません。小説はどれだけ自分の妄想力を形にできるかどうかが重要なので、そう考えると杉町憲一の方法が一番かもしれませんね。

さすがは無類の小説好き。小説は色々なジャンルがあるけれど、杉町憲一は王道のミステリーとかが好きそうです。推理するのが楽しいらしく、ミステリーな内容であれば何でも読んでいるとのこと。

そこまで小説を好きに慣れるのってある種才能ですね。

杉町憲一 福岡

その他

Posted by admin


PAGE TOP