未だ存在する闇金業者には要注意

闇金業者は大規模規制により、大手の消費者金融やカードローンを残してほぼ淘汰された。だが、闇金自体の需要はあるため、闇金がなくならないのは事実だ。

カードローンでも借りれなくなったような人はソフト闇金に取り込まれやすい。そして手口も巧妙化したりしており、安易に手を出してはいけないどころか、闇金ではないかを判断することが必要になってきている。

以前ニュースであった、偽装質屋のソフト闇金はまさにその流れの中にある闇金業者だ。
利便性の高いカードローンなど、お金にまつわることはしっかりと学んで借金地獄にならないようにしよう。

ソフト闇金は優しい消費者金融ではない

ソフト闇金と言うと、なんだか優しいイメージがあるが、実際は法外利息でお金を貸す闇金そのものだ。なにがソフトなのかと言うと、取り立てだ。借金の取り立てと言うと、家財道具すべて持っていかれたり、マグロ漁船に乗せられたりと、いいイメージがないだろう。

しかしこのソフト闇金は摘発を逃れて事業継続をすることを目標にしているため、取り立ては優しいのだ。かといって、返せないときでも何もしてこないわけではない。できることをやらせるスタイルは変わらず、嫌がらせのたぐいはしょっちゅうだ。

ソフト闇金を利用しようと考えている人はそこをよく考慮に入れておくべきだ。

カードローンは法定利息

一方で、誰でも借りれる簡単なカードローンをいろいろな銀行が出してきている。これはマイナス金利政策のせいで、銀行が積極的にお金を貸し出さないと損をしてしまうようになったからだ。カードローンは簡単な審査でキャッシングしてもらうことが出来、かなり利便性の高いサービスとなっている。

しかしながら、その返済方法は基本リボ払いとなっているため、ここで借りすぎてしまう人たちが居るのも事実だ。カードローンで借りれなくなれば、消費者金融にもその信用情報がいってしまい、ソフト闇金でしか借りられなくなってしまうという寸法だ。

カードローンは法定利息に従った、安心できる借金お方法には違いない。ソフト闇金に行かざるを得なくなる前に、カードローンの仕組みをよくわかって、計画的に利用できるようにしたい。
http://cafe-leonard.com/

その他

Posted by admin


PAGE TOP