了解しあったセックスフレンドとセカンド彼女の違い

恋愛感情などの精神的なものを排除して、純粋な肉体関係のみでセックスを通して人間関係を築いていくのがセフレというものです。

肉体関係のみのセフレの魅力としては、お互いに割り切って理解しあってセフレになるために、恋人同士の間で起こるような異性トラブルに発展することがない、ということが挙げられるでしょう。
ところが、セフレというものには、「お互いに了解しあうセフレ」とは別に、「自分には恋愛感情などがないが、相手側にはそれがある」という不均衡な関係もあります。

異性トラブルに発展する可能性があるセフレの作り方

「自分はセフレとして扱うが、相手は自分のことを恋人だと思っている」というセフレ関係は、肉体関係のみの割り切った関係ではありません。
こういったセフレ関係においては、相手の側に感情がありますので、別れの際などに異性トラブルに発展することがあります。
「セカンド彼女」というような言葉は、「男性側だけがセフレ扱いしていて、女性のほうが恋愛感情を持っている」といういびつなセフレ関係、女性を完全に性処理道具として扱うために恋愛感情を利用するというやり方を正当化し、隠蔽するために開発された言葉です。

恋愛感情を利用したセフレづくりが抱え込む当然の報い

「セカンド彼女」という言葉が適応されるようなセフレ関係は、この言葉があらわす状況に対する違和感が飽和点に達し、性処理道具としてのみ扱われて自分の感情が陵辱されているということに女性側が気づいたときに解消されるもので、ここで異性トラブルが発生することになります。
肉体関係のみではないセフレを作るのであれば、自分が卑劣なやり方で相手を支配していることに自覚的になり、こういった異性トラブルは起こって当然の報いだということは忘れないようにしましょう。
https://patiomall.net/


PAGE TOP