ケミカルとノンケミカルのそれぞれの主成分について

日焼け止めにおける「ケミカル」は「紫外線吸収剤を使用している」ということを意味しており、「ノンケミカル」は「紫外線吸収剤を使用していない」ということを意味しています。

「ノンケミカル」の日焼け止めは紫外線吸収剤のかわりに「紫外線散乱剤」を使用しているものがほとんどです。

紫外線吸収剤に含まれる主成分と人体への影響

紫外線吸収剤、紫外線散乱剤は、それぞれに含有されている化学物質に違いがあり、それぞれが、違ったかたちで皮膚を通して人体に影響を与えます。
日焼け止めを利用する以上、この二つの化学物質がどのようなダメージを人体に与えるかを知っておくことは決して無駄ではないでしょう。
まず、紫外線吸収剤ですが、こちらは主成分のオキシベンゾンがホルモン異常やアレルギー反応を引き起こす危険性を持っています。また、パラアミノ安息香酸、プソラレンは皮膚がん発生のリスクを持っています。

紫外線散乱剤に含まれる主成分と人体への影響その他

一方の紫外線散乱剤は、酸化チタンが脳の細胞の死を促したり、生殖機能の低下を招きます。酸化チタンは発がんのリスクも引き寄せます。紫外線散乱剤に含まれる酸化亜鉛もまた、発がん性物質としてその危険性が指摘されています。
ケミカルもノンケミカルも、こういったものに加えて、防腐剤や香料などの化学物質を組み合わせて日焼け止めという商品になっているため、紫外線吸収剤、紫外線散乱剤以外のものが与える影響も考慮するに越したことはないでしょう。
安全な日焼け止めなどはないということ、日焼け止めの過剰使用が発がんに繋がっており、そのリスクが紫外線を超えているということは認識しておいて損はありません。
https://pursuit-of-beauty.com/

美容

Posted by admin


PAGE TOP